探偵に緊急の調査をしてもらうには?

    毎回ご好評をいただいている「東ちづるのおしえて!タントくん」は、東ちづるさん、『探偵さがしのタントくん』在籍の夫婦カウンセラーと一緒に、探偵に関するさまざまな疑問を解消するとともに、夫婦愛のカタチや事例をもとに対策や解決方法を考えていく番組です。
    今回も夫婦カウンセラーの中村拓也さんに出演していただき、「緊急の調査」をテーマにお届けしました。聴き逃した方はぜひご覧ください。

    緊急の調査に必要な3つの条件

    9月9日は語呂合わせで救急車の日ということで、探偵の緊急調査についてお話します。

    探偵の仕事にも「今怪しいから、すぐに来てほしい」などと緊急のお問い合わせがくることもあります。

    初めてのお電話で「今すぐ来てください!」というご相談をお受けすることは難しいですが、事前に準備がされていればすぐに調査に向かうこともできます。

    調査の事前準備は、大きく分けて3つあります。

    一つ目は契約を取り交わしていること、二つ目は調査対象者の写真などを渡していること、三つ目は対象者の勤め先や移動手段など、調査をする上で必要な情報がそろっていることです。

    まず、契約については、以前の放送でもお話ししました探偵業法の中で定められています。

    「契約時における探偵業者の義務について」という項目があり、依頼者からは調査結果を犯罪行為や違法な行為のために用いない旨の書面の交付、探偵業者は依頼者への重要事項についての説明義務や契約の内容を明らかにする書面の交付をしなければなりません。

    このような手続きを踏んだ上で契約を締結していないと、調査自体が行えない、ということになります。

    契約なしに突然問い合わせて「今から調べてください」というわけにはいかないのです。

    事前準備が調査結果を左右する

    次に、事前に調査対象者の写真を渡していることについてです。

    対象者の行動を調査する上で、事前の情報収集は欠かせません。

    まずは事前に写真をいただき、行動調査をしている人物が本当に写真と同一人物かどうかを見極めなければなりません。

    そして最後に、写真と同様ですが、調査対象者の勤め先や移動手段などの、調査をする上で必要な情報を事前に準備します。

    例えば、対象者が新幹線に乗る可能性がある場合、その情報がなければ途中で尾行できなくなってしまうことも考えられるため、事前の情報は不可欠です。

    特に緊急の調査では、かなり浮気の確証が高いため、探偵側も失敗しないようにしっかり準備して臨みます。

    調査対象者の移動手段には自家用車や自転車、電車、タクシー、バイク、新幹線、飛行機など、たくさん考えられます。

    急な調査でも予約が取れれば対象者と同じ便に乗りますし、予約が取れない場合でも事前に場所が分かっていれば、別の手段で先に行って待ち伏せすることもできます。
    事前の準備が調査の成功率を左右すると言ってもよいかもしれません。

    「事前の情報収集も、探偵の仕事ってことですね!」と東さんも納得されていました。

    もしこの3つの条件を事前にクリアできれば、「今日怪しいから調査してください!」のような緊急の依頼も可能ということになります。

    基本的には調査とは別の日に契約などの事前準備を行いますが、朝早くお問い合わせをいただき、午前中に準備を進めてお昼から調査した事例もあります。

    緊急の調査は難しいこともありますが、タントくんはいつでもみなさまのお力になりたいと考えていますので、まずは一度タントくんにご連絡・ご相談ください!

    まとめ

    今回の「東ちづるのおしえて!タントくん」では、「緊急の調査」について夫婦カウンセラーの中村さんに話をお聞きしました。
    浮気で悩んでいらっしゃる方は、ぜひ「探偵さがしのタントくん」にご相談ください。

    あなたの状況にぴったりの探偵見つけます

    探偵さがしのタントくんが紹介するのは厳選された探偵社のみ

    ご相談無料!1人で悩まずにお気軽にお問い合わせください

    今すぐ相談したい方はお電話にて

    0120-313-772

    ただいま、16時36分 お電話受付中!

    WEBで相談する

    • 相談無料
    • 日本全国対応
    • 24時間365日
    • 即日対応
    • 匿名OK

    差別調査や、DV・ストーカー行為につながる調査、暴露行為に関連する調査、および違法調査のご相談はお断りいたします。
    ※正当性のない調査(DV、ストーカー行為などにつながる可能性がある)違法な調査を依頼した場合、ご依頼者にも罪が及ぶ恐れがあります。